lunedì 28 ottobre 2013

土壌の肥沃さについての考察

この数十年の間、農業を行うに当たって私達は、大地は我々が持つ最も貴重な財産であり、定期的に銀行に下ろしに行く資産にも喩えられるものであるということを、時折忘れてしまっていた。ブドウ畑において行われるように、恒久的に生育し続ける樹木種を栽培するに当たり、私達は本当に土壌に殆ど注意を払わないシステムを作り上げてしまった(除草、重機による踏み固め、侵食、輪作の不足、過剰生産など)。今日の私達はそれに関して以前より断然高い意識を持つようになっているが、それは「フォーリング・テンデンシー(低下傾向)」という現象の様々な形態を目の当たりにしているからである(レーニョ・ネーロ(=ボア・ノワール bois noir 仏)やフラヴェッシェンツァ(=フラヴェッサンス Flavescence 仏)のような生理学的病理の発現、苗やその果実の量的・質的な生長困難など)。

土壌は永続的な若さを保つひとつの生物であり、私達は良好な運営を通してその活力の増進に努める。それはすなわち、長期にわたって土壌の自覚的な利用を行う能力を持つということである。

私達同様、土壌は酸素を多量に必要としている。酸素は(生息環境中の栄養素や水と共に)生命の爆発的誕生の立役者であり、これは土中の有酸素部分(大)と無酸素部分(小)との間に調和がある時に惹き起こされる。

つまり、私達はとりわけ土壌の機能を尊重しながら、大地に肥沃さを還元しなければならないということである(腐植土管理)。通常はあいにく、潜在的に活用され得る状態にある有機物質の90%以上が毎年浪費されているというのが劇的な事実なの然るべき経済的成果の獲得がどんどん困難となって、肥料や水、農薬を用いた常により高額化し続ける介入を通してしか立ちゆかなくなってしまうといったような事態が頻発し、これが複雑な生産システムにとってはそもそも損失としかなら益々高くつき、得られる結果もやはり益々劣悪となってゆく。土壌というものは良い記憶力を持っているものでそういったことを通して、有機物質を活用できていないその事実に気付かせてくれるの
肥沃さを通し土壌の活力の維持を事業責任と捉えること、これこそが追求可能な、より経済的でより現代的な挑戦なのである。
農地の良質さや健全さ(感情的な価値のみならず、とりわけ健康重視の観点からの価値のい、豊かブドウ栽培を行うこと)は、農業従事者や農地周辺住民の安全のため(生産性の著しく高いブドウ栽培が批判されている事実について考えること!)であり、健康的でリスクのない食物を得るためであり、それぞれの土地の生物多様性(植物・動物の生態系の全レベル、バクテリア、酵母、菌根…より進化した形態のものまでを含む)の保存のためである。

資源の有効利用を伴う最も調和した農業の実践とは、すなわち、ブドウに有利に働く他の植物種を採用した同時栽培の実践、マルチング緑肥の実施、土に酸素を取り込ませて生命活動の流れを促進するために土壌を縦に割り込む道具を用いた定期的な耕し(へらの付いたスキは用いない)の実践である。
憶えておくべきこと: 栽培に利用されている生物体系は常により脆弱になっていく。苗の繁殖技術と、それぞれの土地に適した繁殖用素材(生物による被害、生物によらない被害の両方に順化させた遺伝的特質を具えたもの)を選択する能力重要である



伊語版

Nessun commento:

Posta un commento