giovedì 5 dicembre 2013

ブドウ畑を用いた丘の設計


水道や農業用水に関わる治水法は、古代イタリア人(中でも地表の水流の速度および量の減少や透水の促進、侵食作用の抑制に関する主な機能に関しては、特にエトルリア人)によって確立されて来た。丘陵の侵食は恒常的な現象であり、毎年、あらゆる河川の流域では、丘陵地帯の表土の厚さ10mm分にも及ぶ砂礫が下流へと流されている。イタリアの農民たちは何千年にもわたり、降雨の生む水流の速度を増加させて土を流失させることで損害を引き起こす「滝線」の形成を避けるために治水の実施に努めて来たが、この壮大な作業が各地域を形作り、また、類い稀な美を湛えた田園地帯の景観を生み出しもした。


丘陵の維持・整備法は、特にランデスキ Landeschi やコジモとルイージのリドルフィ兄弟 Ridolfi, Cosimo e Luigi のような啓蒙されたトスカーナ人によって発達させられて来た。丘陵地帯の土壌の生産性が、とりわけ土壌と水流の入念な運営に掛かっていることを、より認識しなければならない。
 
1960年代以降の機械化された現代農業は、何百もの世代にわたって農民たちが田園地帯で整えて来た地形を破壊し始めた。これは栽培技術の一層の効率化に常に見合った代価なのだろうか、あるいは、もっとましなやり方で行える場合もあるはずのことではないのだろうか?

ブドウ畑の維持・整備法に関しては、二つの重要な実例について詳述しよう: ピエモンテとトスカーナである。前者の場合、苗木の列は大抵、水平線の描くカーブに沿って、景観に円みのある線を与えている。後者の場合は、列は丘陵の急傾斜、つまり、直線を呈したリットキーノ rittochino に沿っている。
この後者の整備法は往々にして、大変由緒あるものをも含めた石垣や棚田状の畑を、最大限にまで機械化した栽培の高効率化を口実に解体してしまった結果の産物である。
近年になって起こったこういったブドウ畑の刷新も、とにかく、今日に至るまで常に有効であり続けるジョヴァン・バッティスタ・ランデスキ Giovan Battista Landeschi の戒めや教えをもっと意識して行われなければならない。どんな場合においても、栽培を最大に効率化するがために水文地質学的な意味や環境的な意味での制限を忘れさせられて、地表や地下の水が流れ下っていく筋道を変容させてしまったり、土壌を肥沃さのおびただしい喪失に曝してしまったりしてはならないのである。極めてみごとな農地の歴史的景観をよく留めた地域では、新世代のブドウ栽培事業も、生産方式のサステナビリティについてや、大地や降水管理が(あたかもワインの味わいのように)何よりもまず第一に古代の文化遺産であることなどについて、熟慮する能力を具えているに違いない。


伊語版


Nessun commento:

Posta un commento