venerdì 7 febbraio 2014

もうブドウ畑に毒は要らない



私達が栽培している品種のブドウは、植物種の大部分と同様、植物が持つ変化や気候の過酷さに適応するという根本的な能力のお蔭で今日に伝えられて来たもの、すなわち生存を賭けて環境に動的に対応する耐性が遺した極めて大切な財産である。ブドウの苗はまた、人の手による一連の介入を通して絶え間ない順化作用も受け続ける: クローンの人為選択、ぎりぎりまで刈り込む剪定、伸長を抑制した育苗、果粒肥大を期した結実管理、いくつかの病理に特化した防除などである。これらの活動は苗の総体的な衰弱に繋がり得るものであり、極端なクローン選択を行ったものに殊に顕著に急速な生物的脆弱さを招く。そうして、少なくとも百年間は生産性を保ちつつ存続するはずの苗が、それよりずっと早く(2530年ほどで)寿命を迎えることになる。これはまさしく、ここ2030年間に起こっていることである。ブドウ栽培の伝統を持つ多くの地方で少なくともここ20年ほどにわたり、ファイトプラズマによる病害がブドウ畑の良好な運営に対するリスクを高めつつ重大な経済的損失をもたらしており、とりわけ問題となっているのは、その明確な解決策が見えていないことである。
この件は、危険かつ壊滅的な浅薄さを以て対処されて来た。端的に言えば、この病理の発生の全原因をあるひとつの種の昆虫に帰し、不履行に対する罰金まで定めた上で、殺虫剤を用いた防除を義務とする法律が制定されたのである。

私は15年以上前から何度にもわたり、口頭および文書で、現在も依然としてブドウ栽培農たちの世界を縦横に縫って走り続ける「我々の日常的な毒」へのこの恥ずべき隷属状態から全面的に距離を置く旨を表明する機会を持って来たし、多大な忍耐を強いられたのちの今も、まだ語ることを止めない。何故ならば、時の経過と共にありのままが明らかになったからだ(詳細については、文末のこの記事の和訳を参照)。
ピエモンテはその高い代償を支払った州である。洪水のような量の殺虫剤の使用が強制されたのち、問題は収束するどころか一層拡大し、しかも、それを「敢えて公言する」者がほぼ誰一人存在しないのだ! これはひとつの技術的敗北だが、それよりも、とりわけブドウ栽培農はおろか、ただの観光客やブドウ栽培地域内を通行する全ての人々の健康へのものまでも含めた、生態系への劇的な影響を伴う環境への一大惨事なのである。
そうであるからには、より深く理解し、まともな判断を行うよう努めてみなければならない。ファイトプラズマは植物界全体に存在する原核生物で、ブドウに関しては少なくとも二種類が存在し、それらは大変頻繁に見られるレーニョ・ネーロ(=ボア・ノワール bois noir(仏))と、前者に較べればたまにしか発生しないフラヴェッシェンツァ(=フラヴェッサンス flavescence(仏))である。つまり、フラヴェッシェンツァという用語(これは重罰を定めた法やその関連税、ひいては関連ビジネスの存在意義を支え続けるために用いられる語なのだろうか?)のみを用いて一般論的に論じられてはならないのである。症状の出た苗をプロフェッショナルな剪定を通して回復させることは、複数の研究が示している通り、可能なのだ。そして、ひとたび病原体と「対話」したのちに回復した苗は、その後裔に耐性を伝える。すなわち、そういった苗に吹いた芽から生まれたバルバテッラ barbatella(穂木)には一層強い抵抗力があるのだ。それに反し、より「脆弱な」ブドウ畑とは、まさに徹底した品種改良を経ると共に温熱処理を施された素材からなる畑であり、そういった畑はもはや耐性を持たず、よりたやすく病に屈するのである。
諸々のファイトプラズマ病は、ブドウの様々な品種の遺伝の表現型(アルネイス、バルベーラ、ドルチェット、グリニョリーノ、モスカート、ネッビオーロ…いずれの品種も異なり合った耐性を持っている)や土壌の質(なぜロエーロの領域内でこの問題がより頻繁に見られるのか? なぜ畑の同じ垣根の列でも土壌が変われば症状の発現する頻度が変わるのか?)、栽培手法(行われた剪定の手法や、株ないし土壌への配慮に応じて明らかな差異がある)、繁殖用素材(より脆弱な改良品種群が存在する)、そしてそれら自体がひとつの貴重な財産となっているプロの農業家としての能力や腕前の問題をも巻き込んで、複合的な問題を形成している。
心ある人ならば誰であってもだが、とりわけ公衆衛生分野の当局は、本来は不穏さや毒物ではなく美しさをもたらすべきであるはずのワインの生産地にしてはあまりに劇的なこの一件に、一致団結の上で秩序を取り戻すためのこの上なく大きな義務を負っている。

そして、聖フランシスコのこの素晴らしい一文を想起することが大切である: 「まず最初に必要なことを、そして次に可能なことを行わねばならない。そうすればあなたがたは突然、不可能であったはずのことを行っていることに気付いて、驚くことになるだろう」。




参考資料: La Stampa紙記事和訳
フラヴェッシェンツァの悲劇とブドウへの無意味な暴力

セルジョ・ミラヴァッレ Sergio MiravalleLa Stampa紙記者)
27/10/2011

バルバテッラ barbatella(穂木)の根への温熱処理は不要であり、殺虫剤の散布は有害である。苗というものは、自らを守れるよう助けてやらなければならないものなのだ。

ロレンツォ・コリーノはブドウ畑の孤独に慣れている。63歳で、国立ブドウ栽培・ワイン醸造学研究センター Centro nazionale di ricerca di viticoltura ed enologia の所長として、彼と同様に農政省の元で働く他の研究者と繋がり合いつつイタリア全土のブドウ畑の垣根の間を何kmにもわたって歩き、精査し、サンプルを採取し、研究所で結果を比較して来た。今期の収穫が終わった今、何年にもわたる研究者としての沈黙ののちに、アスティの研究室からひとつの緊迫したテーマに再び言及する決心をした。それはフラヴェッシェンツァ・ドラータという、十年ほど前からとりわけ北西部のブドウ畑を苛烈に攻め立てながら、北イタリアのブドウ栽培を襲っている甚大な損害についてである。それは、この病害を媒介する昆虫スカフォイデウス・ティターヌスの繁殖を食い止めようと試みるために、既に何千ヘクタールもの畑からブドウの苗を掘起処分するという代償を支払ったという、ひとつの戦争だ。その損害は何百万ユーロにも及び、法律で義務とされた防除を支援するために支払われた公的助成金も、やはり同規模の額に及んだ。

質問: 軌道修正は出来ていますか。
回答: 11年にも及ぶブドウ畑での殺虫剤の洪水や、挿木のための穂木の温熱処理のような作業の結果は、誰が見ても一目瞭然です。これは、少なくとも2億年もの間進化し続けて来た昆虫(*訳注1)の一種を単に撲滅すれば済むどころか、それよりもずっと複雑な問題であることは明らかです。

質問: 検査結果からはどんなことがわかりましたか。
回答: 自然を観察し、理解し、虐待しないことが第一の出発点になります。今日のブドウ畑は、自然淘汰によって数多くの隠れた危険に順化して来た苗からなっています。ブドウのような植物は、生物的・非生物的な危険に対応するための様々な耐性を生まれ持っていますが、その力を低減させてしまえば病害に屈することになるのは当然です。

質問: ある品種の力を低減させるということは、何を意味しているのですか。
回答: ここ30年の間に、世界中で収量や品質に悪影響を与えるウィルス性病害を防除することを主要目的とするクローンの人為選択が実現されて来ました。しかし、あまり極度に推し進めたクローン選択は、苗の体力や病害への耐性を弱め、最終的には新しい感染性の病害に対して脆弱にしてしまう危険があります。穂木の根の部分への温熱処理を用いた繁殖技術に関して、我々は、短期ないし中期的には苗から免疫を奪ってひ弱にしてしまうものと考えています。

質問: それは、対フラヴェッシェンツァ必殺兵器として販売されていた、あの苗の根の部分に用いるいわゆる「ジェット噴流式バス」的なもののことを言っておられるのですか。
回答: そうですが、問題はあれだけではありません。機械化が行き過ぎると、装軌・装輪両タイプの重機でブドウ畑の土壌を踏み固め過ぎて苗の通常の生長に関わる生理機能を阻害してしまうことになり、ブドウ栽培農の中でも注意深い人々は既にそれに気付いています。徹底的な剪定や、生育させる新梢を準備する間引き作業も、往々にして性急に行われがちです。畑の巧みな運営に回帰する必要があります。それが出来ない人や時間のない人は、交代するのが良策なのです。

質問: それにまた、問題はフラヴェッシェンツァだけでもないのですね。
回答: レーニョ・ネーロ、つまりフランス人のいうボア・ノワールと混同されがちなのです。こちらの病害は、栽培の作業を巧く行うことで回復させることが出来、それは何年にもわたる試験で証明済みです。フラヴェッシェンツァは若い苗や、温熱処理を受けて免疫をあまり持たないバルバテッラ(穂木)を容赦なく襲います。

質問: 病害を被った苗を回復させることは可能ですか。
回答: 品種にもよりますが、殊に、回復した苗は病原体を知っていることでより丈夫な芽を出し、高収益な農薬や殺虫剤の市場に富をもたらし続けなくとも、この耐性を後裔に伝えていけることが判明しています。ワイン自身にとっても、ワインを飲む我々にとっても、その方が有難いことです。



*訳注1
『少なくとも2億年もの間進化し続けて来た昆虫』
=昆虫であれカビであれ、種の誕生以来何億年もの進化や順化を重ねて来ることで、たかが数千年来の歴史しかない人間の知恵では容易に太刀打ち出来ない耐性を獲得しているのであり、化学的な対症療法を試み続けることはある意味で徒労でもあるという意味での言及





伊語版



Nessun commento:

Posta un commento