sabato 18 aprile 2015

ブドウ畑の中の生物界の複雑さ: 相関関係からなるその世界の理解に努めてみる

何日か前、バルラの畑の中を歩きながら、私には感知できない微細な環境属性の差異をも分かち合いつつ、少なくともここ20年来様々な場所に分布し続けてきている自生植物の数々を観察していた。そうしてスミレの花の薫りに包まれていると、サンタンジェロ・ロディジャーノで研究職に就いて間もなく、世界でも最も古くから常に盛んな研究活動が行われて来ている英国のローザムステッド農業試験場への繋がりを得た若い頃の思い出が不意によみがえって来た。そこでは他にも、持続的な草地のシステムについての研究は一世紀以上前から進められ、持続可能な農業のための土壌に関する科学も1620年以来の伝統を守りつつ発展し続けて来ていた。

しかし私の当時の驚きは、ありきたりではあるが、一研究者が採用試験に応募し、昇進していくために書き上げる(それが決まりだった)ことの出来る論文の数に向けられていた。このように複雑で長期的なテーマに完全に掛かりきりになった者が一体どうやって順当に評価され得るのかと自問していたのである。何年かの後にようやく私はそういった世界のことや、『生物界は複雑なのが当然であるのに対し、農業は僅かな種の栽培を常とするまでにそこから遠ざかり、前者の体系を脆弱にして、環境と土壌への影響を考慮すれば総体的な経済上のメリットを得るには不適切な「農学的」技術や処置の手に委ねてしまう』といったことなどを、もう少しよく理解し始めた。しかし、過去50年間に農学の「教育界」が何を教えて来たかを観察すれば、ほぼいかなる栽培も飼育も「単純化」のロジックを追求して来たと結論付けるしかない。単純化とは、果樹園やブドウ畑も含め、常により広大な農地で行われる、高度な品種改良を伴モノカルチャー(単一の農作物のみの栽培)である。矛盾に満ちた状況下で同様のロジックに支配されている家畜飼育界の問題まで扱うつもりはないが、せめて「The Omnivore’s Dilemmaの著者マイケル・ポランについては同著の第二部十章「Grass: Thirteen Ways of Looking at a Pasture」を引き合いに出しつつ言及したい: 「雌牛はその湿った分厚い唇を開き、ざらついた舌をクローバーの束の周囲に巻き付ける…そして次にはウシノケグサの類いの草に注意を向ける…草は食物連鎖の基盤にあるが、その更に下には、信じられないほどに豊かな生物共同体を宿した土があるのだ…」。農業がほんの数十年間で奪えるだけのものを奪ったのちの今、より賢明で長期的展望に基いた態度を身に付ける動機となるような、強烈な経済的事由(土壌を利用する能力の喪失や、環境や人への汚染被害など)が表面化しつつあるのかも知れない。土壌や地下水脈、生産者や消費者の健康を危険に陥れつつ最大の量産だけを目的に据えるわけにはいかないこの生産ロジック(我々は牛乳、穀類、食肉そしてワインと、ほぼ全ての農業生産の挫折に直面している)にとって、生物界の体系の複雑さは役立つに違いない。

植物は(生えた場所から動けないからには)絶え間なく適応メカニズムを稼働させている。つまり、環境由来のストレスや人間から被るストレスに対処するために防衛反応(=代謝物質も含め)を生み出しているのである。これら代謝物質の多くはそれらの植物を食す者に好影響を与える。全ての草や果物は滋養となる性質を持ち、我々や動物のための真の薬局方となっている。ブドウの各品種が生み出す最も重要な代謝物質は、果皮の中に存在する(種子を守ることで繁殖を担保するためのものである)。全てのポリフェノールスチルベン(芳香族炭化水素)レスベラトロール…これらはいずれもブドウの病害のいくつかに対抗する物質であり、我々の健康にも好影響をもたらす。 

こういったメカニズムは、ブドウ畑の中に形成される生物界の複雑さにより留意した栽培を通して促進することが出来る。土壌の良好な運営を通して、菌根との間に見られるような養分的な観点での相利関係を結ぶ共生が促進され、病害によりよく対抗でき、苗の生理機能のより自然なバランスが実現、より複雑な性格や調和、味わい、健全さなどを具えたブドウやワインが得られるのである。

ワインの世界は、ほぼ必要に迫られて、一部では「最大限の量産」という良識に欠けた目的から遠ざかったが、それは景観の美しさなどの様々な付加価値が利益を生むような方向付けを行い、味覚の劣化に打ち克ち、感動やその他の非物質的な価値を創り出し、土地という資源の最良の活用とともに土地や提供する生産品の純良さを取り戻すことに成功したからであり、この事実そのものが「生への讃歌」であると言える。こういった付加価値はワインというものの真の根源がどういったものなのかを最も力強い形で表現し提示しているのであり、それは努力と知識を通して理解され追求されるべきものである。
こういったことから、類い稀な複雑さをかいま見せる庭園とも言えるイタリアのブドウ畑は、永続性と長期的展望を具えたより確固たる経済のため、新しい生産活動に向けた活力を再び獲得することが期待されてしかるべきなのだ。




参考資料
"Grapevine root system and VA mycorrhizae in some soils of Piedmont"1985年 P. Nappi, R. Jodice, A. Luzzati, L. Corino共同執筆 Plant and Soil誌掲載)論文要旨

ピエモンテの6カ所のブドウ畑において、根の組織分布および根と土壌の両方の内部での植物共生細菌の存在を特定するために土壌のプロファイルを調査した。上層部での根の分布は総体的に高く、深度が増すに連れて減少が認められた。胞子数は根の量と有意に関連しており、土壌の最上層部において高く、深部では低いことがわかった。胞子は草に覆われ、樹皮でマルチングされたブドウ畑において最も多数発見された。それに反し、菌根による寄生率は土壌のかなりの深部においてさえも比較的高かった。菌根の出現頻度の最高値と樹枝状体による寄生の最高指数は、養分と有機物質の含有度が最低レベルの畑で記録された(*訳注1)。



*訳注1
『菌根の出現頻度の最高値と樹枝状体による寄生の最高指数は、養分と有機物質の含有度が最低レベルの畑で記録された』
=「養分となる物質に乏しい土壌に育つ苗ほど、菌根や樹枝状体との相利共生に必要な物質をより盛んに土中に放出し、それらの寄生を促す」という事実をもって自然界の精緻さをよく示した研究結果である。



伊語版

Nessun commento:

Posta un commento